家を建てた後が大事!アフターフォローの重要性

新築に住み始めたあとのフォロー

家が傷みはじめるのはどこからでしょう

せっかく建てた家を長持ちさせるためには、アフターフォローは大切です。
自分の家を自分が気にかけることで、未然に防ぐ事もできますが、やはりプロによるチェックも必要です。
なので、ハウスメーカーでは、入居したあと一定期間の無償点検を行ってくれ、期間終了後は、有償で点検してくれるのが多いようです。
また、新築住宅の主要部分と雨漏りなどを瑕疵保証が10年間行われる法律もあります。
それは住宅瑕疵担保履行法という法律です。
ハウスメーカーは、この法律以外にも各社で様々な保証制度をもっています。
点検や保証の内容は、各社で違ってきますので、どのような内容なのか確認しておきましょう。
また、住み始めて突然発生するトラブルなどへも対応できるよう、ハウスメーカーでは24時間365日コールセンターにて対応するサービスを行っているところが多いです。

あまり耳にしたことはないかもしれませんが、家歴書という言葉があります。
その漢字のとおり、家がどのように建てられたか、どのようなメンテナンスをしてきたかを履歴として残すことです。
ハウスメーカーでは、この内容をデータ化して管理しているところが多いです。
家は、定期的にメンテナンスをして、その履歴を残しておけば資産価値があがります。
自分の家の価値を上げるためにも、お手入れ、点検は必要です。

今後、家を長持ちさせ、自分の家の資産価値を上げる為のポイントとしては、ちょっとした不具合も見逃さないことが大切です。
ときには、プロの点検も必要の為、ハウスメーカーのメンテナンス体制もしっかり確認しておきましょう。

TO_TOP