家を建てた後が大事!アフターフォローの重要性

新築に住み始めたあとのフォロー

>

ハウスメーカーアフターサービス

建物・屋根・外壁

家全体の構造としては、地震や台風などの後には、必ず異常がないかチェックしてください。
コンクリートのひび割れや、鉄筋の錆びなどもチェックして、異常があればハウスメーカーへ連絡し早めの対応をしましょう。
シロアリは、湿気が好きなので換気口前には物を置かないように床下の通気を確保することを忘れないようにしましょう。

屋根も、地震・台風の後には必ずチェックしてください。
飛来物で、キズがついていないか、瓦屋根だったら瓦が飛んだりしていないか、割れたりしていないか確認してみましょう。
サビのチェックももちろん必要です。
外壁は、外壁の塗装自体、下地への水の浸透を防いでくれています。
目地が切れていたりすると水が中に侵入するかもしれないので、割れ目がないかなどチェックが必要です。
また、外壁の汚れが気になってきたら、高圧洗浄することで綺麗に蘇ります。

バルコニー・外部縦部・室内・住宅設備

バルコニーの排水口は、つまると雨水が溢れてくる原因になりますので定期的に掃除しましょう。
外部建具については、作動時に異常を感じたり、変な音が気になりましたら早めに対応したほうがいいでしょう。
無理に使い続けていると、大きな工事になってしまう可能性もある為早め早めの対応をしていきましょう。
レールなどのゴミも故障の原因の1つです。
やはり、定期的な掃除は必要です。
室内では、今多いフローリングですが、フローリングの手入れとしては、日頃は乾拭き、3~6ヶ月毎にワックスをかけてあげると長持ちします。
しかし、ワックス不要のフローリングもありますので確認してください。
住宅設備では、排水管ですが、定期的に掃除を行わないとつまりや異臭の原因になりますのでカスが溜まらないよう注意してください。
太陽光発電システムについては、発電能力が急激に低下したなどの現象がありましたら、すぐにハウスメーカーへ連絡しましょう。


この記事をシェアする
TO_TOP