家を建てた後が大事!アフターフォローの重要性

新築に住み始めたあとのフォロー

>

メーカー選びはしっかりと

業者側の義務として保証がある

建築後の保証について営業マンがよく言う話をあげてみましょう。
当社では構造部分、地盤、シロアリに保証があるので何かあれば保証でまかなえます。
どうしても難しいときは、当社がその物件を買い取ることもできます。
なんて言われたら、ではお願しますと言いたくなりますが、まだお願するのは少し早いです。
法律上は、10年間の長期保証をつけなければいけないという決まりがありますので、確認するべき点は、各ハウスメーカーの独自の保証内容です。
家は水の影響を受けやすいところから傷み始めますが、10年の長期保証の内容はだいたい柱や基礎に対してになります。
水の影響の大きい水回りは、この10年保証にあてはまりません。
ほとんどが、1、2年をすぎると有償での対応になってくるでしょう。
なので、水回りは日頃から手入れ・点検をしていたほうがいいですし、無償保証の内容を確認するプラス無償点検内容も確認しておいたほうがいいでしょう。

保証期間延長

一定期間の無償保証は、今のハウスメーカーではほとんど行っています。
それが、延長できる場合があるのです。
例えば10年の無償保証があっても、修繕したい部分を実費でおこなった場合、保証期間を延長してもらうことができるのです。
だいたい、20年から30年の長期保証期間を設定しているハウスメーカーが多いですが、中には50年から60年までの期間をもうけているメーカーもあります。

なので、10年の無償保証期間があって、有償で保証が50年まで延長できる場合と、20年の無償保証があって、延長の保証はできないという、2通りがあるという事になります。
この保証については、家を建てる方それぞれの考え方もありますし、将来設計もありますからどちらを選んだほうがいいというわけではないので、自分の生活設計に合わせて選んでみてはいかがでしょう。


この記事をシェアする
TO_TOP